デスクワーク用のチェアと同様に、車のシートも体に合ったクッション性やサポートが求められます。
体に対して完全にフィットする持つ車を見付ける事は難しいので、クッションを利用して補う事が現実的ですから、気になる部分に対応出来る商品を活用します。
腰は長時間の運転で傷みが発生し易いですから、隙間を埋めて腰をサポートする事が重要ですし、弾力性があると力を分散して痛みの発生を抑えます。
クッションは内部に様々な素材が使われているので、特徴を知って選ぶ事が大切ですから、製品の特性と費用で選ぶ事が大切です。
低反発製品は緩やかに体を支えますし、寝具にも採用されているので実績はありますが、耐久性の面では他の製品に劣りますから、長く使うと体に合わなくなる可能性があります。
綿を詰めた商品は比較的安価なので、入手し易く弾力が自然ですが、座布団と同じく厚みの減少が発生しますし、選択しても弾力性は戻らない可能性が高いです。
低反発とは異なり洗えるメリットがありますし、清潔さを優先する場合は洗濯出来る事が重要になります。
長期間の耐久性を重視した商品は、体の重さに耐えるだけではなく変形も置き難いですが、弾力性が他の製品とは劣りますし、どの製品も一長一短があります。