盗難や車上荒らしが増加している原因は、犯人の実行が行い易い事にあるので、鍵を開ける方法が情報として出回っている事が挙げられます。
車上荒らしは金目の物が主な目的ですから、欲しい物だけを手に入れて不要な物はごみの様に扱います。
証拠を残さなければ捕まえる事は難しい車上荒らしなので、事前に対策をしないと証拠は掴めませんから、単なる不注意では済まされない警戒心のなさから発生します。
被害が拡大している事をニュースで知っていれば、誰でも被害者になる事を想像出来るので、可能な範囲で対策を行う意識が働きます。
犯人を早期に捕まえる事が重要なので、被害に遭った場合の証拠を記録として残す備えが大切ですから、効果的な対策を行う事が被害拡大防止に繋がり新たな被害を防げます。
犯罪は全国のどこでも発生しますが、身近な場所で起これば警戒心は高められますし、普段以上の注意を行う切っ掛けになります。
犯罪目的の外国人が増加した事も背景にあるので、国際化によって様々な目的による来日が行われていますから、組織的な犯罪が車をターゲットにしますし、警戒が感じられない車は狙われる理由があります。
組織では情報が共有されていますから、地域から発生する油断も犯罪拡大に繋がります。